全国の犬のしつけ教室を紹介します

犬のしつけ教室

未分類

犬の『しつけ』内容

投稿日:

『しつけ』内容

基本的な『しつけ』のうち、ここでは
 ・トイレ
 ・おいで、ハウス
 ・散歩
 ・お手、お座り
 ・吠え癖や噛み癖
について簡単に説明します。

 他にも、それぞれの家ごとにいろいろな『しつけ』があるかとは思いますし、基本として必要とされている『しつけ』もあるとは思いますが、とりあえず、上記の『しつけ』項目がしっかりできるようであれば、他の犬、ヒトに迷惑をかけることなく生活していけます。

 まずは、ここに書かれている『しつけ』項目をマスタすることを目指していきましょう。

トイレ

 ”トイレ”の『しつけ』は、イチバン大事で、まず最初にするべき『しつけ』だと思います。

 でも、もともと犬は、一か所で排泄する習慣のない動物です。そのため愛犬にきちんと”トイレ”の場所を教えることが最初の一歩になります。

 また”トイレ”の『しつけ』で注意しなくてはならないことは、間違った場所で”トイレ”をしても決して叱ったりしてはいけない、ということです。叱られることで、恐怖や不安を感じて、隠れてすることになるかもしれないからです。

 反対に、ちゃんと”トイレ”の場所でできたときには、しっかりと言葉で褒めて、かつ、美味しい食べ物などの愛犬が喜ぶご褒美ごを与えて、「良いことをした」という印象を持ってもらうようにしましょう。

 具体的なトイレの『しつけ』の仕方ですが、朝起きたらすぐに”トイレ”へ誘導します。このとき、飼い主さんが抱いていくのではなく、愛犬自身が歩いて向かうように誘導した方が早く”トイレ”の場所を覚えます。”トイレ”の場所をきちんと覚えるまでは、”トイレ”のたびに飼い主さんが”トイレ”まで誘導してあげましょう。
 どうしても愛犬を見守ることができないとき、目を離すときは、ベッドがあるサークル(柵)にトイレシートも一旦、入れておきましょう。犬は自分の寝床が汚れるのを嫌う習性があるため、ベッドと”トイレ”両方設置できる広さのサークル(柵)がオススメです。

 ”トイレ”の場所を覚えるまでは、愛犬の”トイレ”のサイン、タイミングをいつも監視して、”トイレ”に誘導するように、しっかり管理しましょう。しばらくの間は大変ですが、後がラクになるので、仕方ないです。

 トイレのしつけではこんな商品もあるので、参考まで。

おいで、ハウス

 ”おいで”は、散歩中に立ち止まってしまったときや、ドッグランから帰るとき、などで使うことが考えられると思いますが、より重要になってくる場面が、何かの拍子に逃げ出してしまったときに、愛犬だけでなく、周囲の人への安全を確保するときです。

 ”おいで”が上手にできたら、ほめたり、おやつをあげたりしてあげましょう。失敗しても決して𠮟ってイヤな思いをさせないように注意は必要です。犬の『しつけ』では、とにかく褒めること!

 具体的な”おいで”の教え方は、①愛犬と同じ目線の高さにしゃがみ、②優しい声で笑顔で「おいで」と号令をかけて、③手元まできたら、すぐにおやつをあげてたくさん褒める!、ということを繰り返します。

 まずは短い距離から始めて、だんだん距離を伸ばしていきます。家の中で確実にできるようになったら、次は外でチャレンジしてみてください。

 ”ハウス”も基本的には、”おいで”と同じで、”ハウス”の中におやつを置いて、中に入ったら褒めてあげることを繰り返します。

 ”おいで”も”ハウス”も、楽しいことだと認識させることがポイントです。

散歩

 ”散歩”も、しっかりしつけしたいですね。

 「愛犬が主で、飼い主さんが従」の関係になり、引っ張られて”散歩”させられているようになったり、危険なもの(毒物など)でも何でも拾い食いしてしまってたり、通行人や他の犬に飛びついてケガさせてしまったり、と愛犬が危険な目にあることや、他人に危害を加えたことになる場合があります。

 それらを防ぐためには、「飼い主さんが主で、愛犬が従」の関係になる「リーダーウォーク」を覚えさせましょう。「リーダーウォーク」の教え方ですが、①リードを短く持ち愛犬が先に行こうとしたら立ち止まる、②リードを緩める、③愛犬を褒める、④飼い主さんが先に歩く、を繰り返して、常に飼い主さんを気にしながら飼い主さんの横を歩けるようになればOKで、心配なく”散歩”できます。

お手、お座り

 ”お座り”は、比較的簡単に教えることができ、かつ、基本となる『しつけ』です。

 ①おやつを持ちながら、愛犬と同じ目線になってアイコンタクトを取り、②おやつを持った手を犬の頭上に上げながら「”お座り”」と言って、おやつを近づけると、おやつを見つめる愛犬は自然と腰を下ろす格好になるので、③お尻が床について”お座り”の形になったら、褒めてあげながら、おやつを与えます。
 これを繰り返していくことで、おやつがなくても飼い主とのアイコンタクトで”お座り”ができるようになります。

 ”お手”は、①手のひらにおやつを乗せて愛犬におやつがあることを知ら、②手のひらを上に向けたままグーの形に握り込み、愛犬の胸の高さくらいに差し出します。③愛犬が前肢で飼い主さんの手に触れたら、「”お手”」と言ってから手を開きます。④前肢で飼い主さんの手に触ったら、おやつが出てくるということを覚えさせます。
 少しずつおやつがなくてもできるように繰り返して、練習してみましょう。

吠え癖、咬み癖

 吠え癖や噛み癖には、基本的には「反応しないこと」が効果的とされています。

 吠えても構ってもらえない、噛んだら無視をされたり、遊びが中断されてしまうなど、良くないことが起きると覚えさせましょう。

 そもそも、「何に対して吠えているのか」、「どんな状況のときに吠えるのか?」を観察して、愛犬の立場になって、吠える原因を見つけることが解決の早道です。
 吠える原因がわかれば、それを解消してあげる、吠えなくなったら褒めてあげる。これを原因のひとつずつに対して根気よく行っていくことです。

自宅でできる「無駄吠え対策」

 『しつけ』教室で、しっかりと『しつけ』してもらえれば、それが愛犬にとっても飼い主さんにとってもイチバン良いことだと思います。
 でも、皆さんそれぞれに事情があって、『しつけ』教室に行くことができない飼い主さんもいると思います。

 それでも『しつけ』をしたい、特に「無駄吠え」を何とかしたい、という方。

 毎日、日中だけでなく、明け方や夜中にも吠え続けると、近所迷惑になり、ご近所トラブルに発展してしまうケースも少なくありません。「犬がうるさい」と市役所などから注意や苦情を言われたり、中には訴訟にまで発展するケースもあります。

無駄吠え防止トレーニング首輪

 そんな「無駄吠え」の対策として注目されているのが、無駄吠え防止トレーニング首輪の【しつけくん】です。

 【しつけくん】は愛犬の首につけて、付属のリモコンのボタンを押すだけ。警告音、振動、電気の3つの方法で無駄吠えをストップさせます。

警告音

 愛犬にとって不快な音を発信させることで、無駄吠えを抑えることができます。

振動

 首輪が振動して、喉の部分に刺激を与えることで、愛犬を不快にさせます。
 1から100までのレベルで調整できます。

電気

 微量の電流を流すことで無駄吠えだけでなく、こちらの言うことを聞かないときなどにも使用します。
 1から100までのレベルで調整できます。
 レベル1~10は静電気を感じる程度(ピリピリした感じ)、レベル11~40は肩こりやお風呂の電気マッサージぐらい(ジワジワした感じ)、レベル41~100は、皮膚の奥(一部)が刺激される感覚です。
 どのレベルでも愛犬のカラダに影響することはないので、安心して使えるそうです、ちょっとかわいそうな気もしますが。

 
 わたしは、この【しつけくん】を最近知り、使ったことはありませんが、『しつけ』教室に行くなくて、困っている方にとっては、試してみる価値があるグッズではないかと思い、ここで紹介することにしました。

 気になる方は、チェックしてみてください。

無駄吠え対策ドッグフード

 獣医師や犬のトレーナーが薦める、犬の無駄吠え対策ドッグフードがあります。それが【無駄吠えのしつけプラス】です。

 【無駄吠えのしつけプラス】は、
・リラックス成分のテアニン配合
・幸せホルモンの原料トリプトファン配合
・ストレスを軽減するGABA/乳酸菌配合
・免疫を保つ16種類の複合乳酸菌を配合
など、犬の無駄吠えの原因となるストレスや不安などに対処する”やすらぎ成分”が配合されていて、心身の健康を保つことで、無駄吠えを防ごうというものです。

 これもわたしは知りませんでしたが、自宅で試してみる価値のあるものは、探せばいろいろとあるもんですね。

 この【無駄吠えのしつけプラス】は、成犬用の総合栄養食として、毎日食べることができるドッグフードなので、試しに使ってみるのもアリかと思います。

 気になる方は、チェックしてみてください。

-未分類

Copyright© 犬のしつけ教室 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.